複層ガラスとは



最近、お住まいの窓ガラスを複層ガラスに切り替える方が増えてきています。

なぜ従来のガラスより、複層ガラスが注目を集めているのでしょうか?
また、その複層ガラスとはどんなガラスなのでしょうか?

詳しくご紹介したいと思います。


・複層ガラスの構造
複層ガラスとは、スペーサーと呼ばれる金属の部材を用いて、
2枚のガラスの間に中空層を持たせたガラスのことを言います。

簡単に言えば、2枚のガラスで空気をサンドイッチしているガラスのことで、
その空気が断熱材の役目を果たしているのが複層ガラスです。

金属の部材、スペーサーには乾燥材が入っており、
2枚のガラスの間にある空気が湿ることを防いでいます。


・複層ガラスにするメリット
複層ガラスは、室内の暖房によって温められた暖房熱などを外に逃さず、
外からの冷たい冷気が窓を通して伝わるのを防ぐ働きをします。
それによって、暖房効果が上がり、省エネ効果も上がります。

またその反対である夏場には、外部からの日射熱を室内に入りにくくします。
その結果、冷房効果を高めることが出来ます。

寒い冬や梅雨の時期に起こりやすい窓ガラスの結露は、お掃除にも手間が掛かり、
放置しているとカビなどの発生を増やします。

窓廻りのカーテンや壁、窓枠も汚すこともあり、
カビはシックハウスの原因とも言われています。

複層ガラスに換えると、その不快な結露を防ぐことができます。


このように、冬場は温かく夏は涼しく快適空間にしてくれる複層ガラスを、
取入れてみるのことを、考えてみてはいかがでしょか?