リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:管理組合

マンション図面


マンションのリフォームをする場合、各マンションごとの規定が有ったり、
壁の材質によっては、間取り変更が不可能な場合があります。

そこで、マンションリフォームを計画するときの注意点を、ここでは挙げてみます。
是非参考にしてください。


マンションのリフォームする場合、マンションの管理組合に届けなければいけません。
各マンションごとで、届けでの基準も違いますので、注意しましょう。

一番制限が厳しいのが、床のリフォームです。
マンションは床の騒音防止の為にフローリング材に規定を設けているところが多く、
多くのマンションでは、遮音等級L-45以上と言う制限のところがほとんどです。

L-45は、人の走行音が小さくなったり、スプーンを落とすとかなり聞こえる程度の、遮音等級です。
それより上の遮音等級はL-40de、これだと生活音は気配を感じる程度になります。

必ずリフォームするときのフローリングには注意が必要です。


また間取り変更をする場合ですが、間仕切りの壁が軽量鉄骨であったり木製の場合は、
その間仕切壁を取り払い、部屋を広げる間取り変更は可能ですが、
コンクリートの間仕切壁の場合は、撤去や移動ができませんので、注意しましょう。


リフォーム工事が決まれば、トラブル防止の為にも近隣挨拶をしておきましょう。
小さなリフォームでも、工事の音は意外と気になるものです。

出来れば、上下左右の部屋にはご挨拶に行くようにしましょう。
リフォーム業者が代わりに行ってくれる場合もありますので、工事を依頼する際に、確認しておきましょう。

フローリングの家



畳をフローリングに変更する場合のフローリングの選び方ですが、
フローリング材にも色々特徴があります。

特にマンションの床材であるフローリングは、階下へ音が聞こえにくい衝撃音遮断性能を持っているものを
選ぶ必要があります。

各マンションにおいて、リフォームをするときには、どのフローリング材を使用するのかを、
取り決めて有る場合があります。
必ず、管理組合や管理事務所に問い合わせてみるようにしましょう。

余談ではありますが、マンションのリフォームをする場合、
管理組合でリフォームをする旨の許可を申請しなければイケないマンションもあります。
充分、注意をしましょう。


その他、フローリング材の中には、ペットとの生活を考えて、
耐傷・耐アンモニア性能を持っているものがあります。
ペットと言えば、通常のフローリング材は滑りやすく、犬や猫の関節への負担が大きいと言われています。
昨今では、そんなペットちゃん様に、滑りにくいペットに優しいフローリング材も発売されています。

また自然素材である無垢材のフローリングも人気があります。天然木の風合いや、
森林浴をしているような住み心地の良さが味わえる無垢材は高級品と思われがちですが、
一般的な合板フローリング材と大きな違いはありません。

ただ無垢材には欠点があります。湿度や温度によって反りやねじれが起こると言うことです。
また、ダイニングなどでは、椅子を引きずったりすると、表面を傷つけてしまいます。

無垢材を使用するときには、これらのことを踏まえて、フローリング選びをするようにしましょう。

床暖房 マンション


最近の新築マンションには、一般的に床暖房設備が標準装備されているところが多くなっています。
そのため、中古マンションを購入した場合にも、
後付けで床暖房システムを取入れる方が増えてきています。

しかし、マンションによっては、床暖房設置がむずかしい場合もあります。
どの様な場合に床暖房設置ができないのか、また設置できても、
問題は無いのかを詳しくご紹介したいと思ういます。

マンションには既定のフローリングを設けているところが有り、
後付けで床暖房使用のフローリングを入れようとした場合、
マンションの管理組合の承認が必要となります。

それは、各マンションのフローリング規約に遮音性のある
フローリングを使用するように決められていることが多いです。
 
既存のフローリングを剥がし、、後付けで床暖房使用のフローリングを引き詰めるのですが、
その場合、既存の床材を撤去し、配管をしてその上に、通常のフローリングを張ることで、
床の高さが、廊下や他の部屋よりも、少し高くなっているため、扉の開け閉めにトラブルが
生じることが有ります。


その次の注意点が、床暖房機能付きの給湯器に交換しなければいけません。
共同住宅のマンションでは、ガス供給量を満たす太さのガス供給管でなければいけません。
管理組合に届けを出して、交換する床材や給湯器の承認を貰う様にしましょう。

床暖房の設置する部屋から機能付きの給湯器までの配管ですが、
マンションの場合、コンクリート壁に穴をあけて設置することがあります。

しかし、この壁に穴をあけることを禁止している場合、床暖房を後付けすることは不可能になります。

管理規約書の禁止事項のなかに、床暖房の設置工事を禁止している場合が有りますので、
注意が必要です。


このページのトップヘ