リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:築30年リフォーム

木造家屋


築30年でリフォームを行う場合、どこをリフォームするのか?
リフォームをどこに頼むのか?
その業者探しはどうすれば良いのか?と迷うことが多いと思います。

昨今、よく聞くリフォーム悪徳業者のニュースも心配ですね。
まずリフォームを考えるので有れば、建てた時点のことを思い出してみましょう。

そのお家は、建築家に依頼して建てたお住まいでしょうか?
築30年経っていようとも、良心的な建築家は、自分の携わったお家を定期的に訪問したり、
不具合がないかと、見に来てくれることもあります。

リフォーム時期になれば、その建物のことを良く知る建築家に、
相談してみるのが、一番良い判断を聞けるのではないでしょうか?

また、家を建てた業者が、どの業者か分からない言った場合は、
直接リフォーム業者に見積もりを依頼してみましょう。

リフォーム業者に見積もり依頼をする場合、必ず複数の業者に依頼をしましょう。

リフォームは建物の築年数が長くなるほど、リフォームで手を入れる場所は、増えてきます。
どこをリフォームしたいのか、よく考えて決めておくとスムーズです。

はっきりとした料金が見えにくいのリフォームです。
何社かの見積もりを比較検討してみてください。

見積もり内容で、分からないことは分からないと、はっきりと話を聞くことが大切です。

築30年ですから、何が起きるのか、実際にリフォーム工事が進まないとわかりません、
キッチンなどを外した場合の廃材は、空けてみたら、思わぬ場所が傷んでいたりと、
追加料金が発生することも。覚えておきたいものですね。

築30年木造住宅


一般的な木造住宅の寿命は約30年であると言われています。
建てた当時は、丈夫な家をと重きを置いて建てたお住まいでも、
30年の経年劣化が考えられます。

また、建てられた時期が、1981年に施行された新建築基準法の前後、
どちらかと言うことも、建物の判断基準とされます。

この新建築基準法は、すでにあった建築基準法の地震に対する耐震性を、
変更したものです。


それ以前に建てられた建物でも、強い地震が起こった際にも倒壊しなかった古い家もあります。
これは、建てられた時に、地震に対する強度を考えて建てられていた場合が大いにあると考えられます。

その強度を調べる為にも、まずは耐震診断を受けることをお薦めします。

では、ここでは耐震リフォームを考えた場合のポイントを上げてみましょう。


1.耐震診断を受ける。
しっかりと、建物の現状の耐震性を診断してもらいましょう。

2.耐震リフォームをする場合、単独より他のリフォームも同時に行う
壁を剥がして工事をする耐震リフォームですので、せっかくなら、バリアフリーや、
間取り変更も同時に行うと、何度も壁を剥がさずに済み、二度手間にならず、
少しでも、費用の節約になります。

3.耐震工事をする場合の補助金などを確認
耐震工事をする場合、お住まいのある自治体などで補助金が出る場合があります。
必ず、耐震診断をする時点で確認をして進めましょう。


耐震補強工事をする場合、何と言っても費用が嵩みます。
耐震診断から、耐震工事の内容、補助金などの細やかな相談ができる、
リフォーム業者を選ぶことが、何よりも大切ではないでしょうか?


地元の信頼できるリフォーム会社を選ぶ基準については
コチラのページを参考にしてください。


⇒ リフォーム業界の3つの非常識 

 

このページのトップヘ