リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:経年劣化

屋上防水の目地

コンクリートの建物では、真夏・真冬の温度差によって、
大きく膨張や・収縮が発生します。

また地震などが起こると、その振動で建物の各部分を
大きく動かすことがあります。
 
もし、建物がコンクリート一枚であった場合には、これらの力が加わることで、
各所にひび割れを起こすことになります。

その為、コンクリートを一定の大きさに区切り、境界線ごとに
伸縮しやすい素材で繋いだ目地である伸縮目地を作り、この力を吸収し、
ひび割れなどが、起こりにくいように施工します。

特に、屋上防水の伸縮目地は、外気に触れ温度の変化が激しい場所です。
 
 
伸縮目地は、防水層の変形を吸収する役割と同時に、
雨水や紫外線の浸入を防止する役割も担っています。

経年劣化した収縮力の弱った目地を使い続けると、隙間が空き、
その隙間から、雨水や紫外線が浸入することになります。

このような事から、屋上防水工事を行う際には、既存の伸縮目地を撤去し、
新しく設置する必要があります。

屋上防水は、建物にとってとても重要な場所です。
 
雨水から建物を守っている防水機能が低下してしまうと、建物内部に水が浸透してしまいます。
 
建物の劣化を早めることになります。


建物を守るためには、屋上防水のメンテナンスをしっかりすることが重要です。
 
メンテナンスをすることで、費用が掛かると放置していると、
改修工事に掛かる費用は高くなるだけでなく、建物に
与える影響は大変大きいです。


メンテナンスの重要性を心得ておく必要があることが分かって頂けましたでしょうか?
 
専門家による定期的なメンテナンスを、お薦めします。

外壁リフォーム費用

お住まいの外壁は、建物を維持して行く上で、とても重要な部分です。
 
定期的にメンテナンスを行い、必要なリフォームを行うことで、
建物の寿命を延ばし、長持ちをさせることができます。


日々、厳しい環境にさらされている外壁は、常に太陽光や風雨にさらされています。
 
その為、年月と共に劣化が進みやすく、ひび割れや塗装部分の
剥がれなどを放置しておくと、雨水が内部まで浸入し、
下地や柱の腐食することもあります。

そのような事になる前に、汚れや色あせなどが目立って来たら、
外壁リフォームのサインと考え、リフォームを検討することをお薦めします。

どのような種類の住宅でも、窓など開口部や外壁材の繋ぎ目には、
コーキングがされています。このコーキング材も経年劣化が起こり、
ひびや剥がれなどが起こります。

その為のコーキングの部分的な補修は約2~5万です。


外壁がタイル張りの場合を除いて、外壁リフォームの基本は塗装工事です。
 
住宅の美観のためだけではなく、外壁材の表面塗膜を一定の状態に保つためには、
大変重要な工事です。

既存の外壁がモルタル下地の場合、経年によりヒビが入ることも多く、
この隙間から雨水が浸入し、住まいの構造部を痛めてしまいます。

また既存の外壁がサイディングの場合は、劣化が進むとサイディング本体に亀裂が入ったり、
割れてしまうことで、張替えが必要となり、費用が大きくなります。

シリコン系樹脂塗料を使用して一般的な住宅の外壁塗装工事の費用は、
約50~100万前後と考えておきましょう。

外壁の傷みがひどく、塗装では水の浸入を防げないと考えた場合、
塗装ではなく、サイディングを張るリフォーム工事を検討してみることも方法のひとつです。

既存の外壁を下地として使用する重ね張り工法は、約150~200万程度の費用です。
 
張り替えの場合、既存外壁を剥がして行われますが、工事費用は、約180~300万程度です。


定期的なメンテナンスを行うことで、お住まいを長持ちさせるポイントです。

 
できれば、信頼できる業者に定期的に点検をしてもらえると、
より早く補修箇所を見つけることができて、安心ではないでしょうか?




一軒家


マイホームを購入しようと考えた時、中古住宅と新築住宅のどちらを購入するかですが、
住宅の購入は大変高価な買い物です。
この選択を間違えて後悔する事の無いようにしたいものでね。

中古住宅を購入するメリットと言えば、何と言っても、費用の安さではないでしょうか?
一般的な大きさの中古住宅を購入する場合、約2,000万円台と安く、
新築一戸建てを、分譲住宅で購入するとなると、約3,500万円と価格に大きな差があります。

中古住宅の場合、購入だけではなく、自分の思い通りの住まいに改装するリフォームについては、
住宅フルリフォームで、相場が約500~700万程度です。

購入代金と合わせても、2,000万+700万で2,700万円程度で、新築住宅を購入するよりも断然安く工事が、
出来るメリットがあることが分かりますね。

また、フルリフォームするのであれば、新築住宅を購入するより安く、自分好みの家にできると言った、
満足感を得ることができますね。

ただし、中古住宅を購入すると、デメリットがあることも心得ておきましょう。
中古住宅を購入すると、経年劣化のための傷や汚れがあります。

また、築年数によっては耐震基準を満たしていない場合がありますので、
耐震補強の費用や、白アリの駆除などの費用も計画に入れておくことも大切なことです。

大切なマイホームです。まずは、新築購入なのか中古住宅購入なのかを、
家族と一緒にしっかり話し合い、後悔しないマイホーム購入をお考えください。



木造住宅耐震補強工事



木造住宅は、鉄骨の住宅に比べて、地震に弱いのではと、
思われている方は多いのではないでしょうか?
しかし、木造住宅も的確な耐震補強工事をすれば、優れた耐震性を持つことが出来ます。


木造住宅にお住まいの方の万が一地震が起こった場合に、
経年劣化しているお住まいは、大丈夫なのかと言う不安を取り除くために
万が一に備えて、耐震補強工事をしておけば良いポイントを5つ説明します。


1.屋根を軽くする。
古くからの木造住宅は、瓦屋根が多いです。
瓦屋根は、耐久年数も長くて優秀な屋根材ですが、重いことが耐震性にはデメリットです。

瓦屋根を金属やスレート屋根に葺き替えをしておくと、建物の重量も軽くなり、
耐震性能が高くなります。


2.耐力壁を新たに設ける。
古くからある木造住宅は、大きな窓がいくつも有ったり、
部屋の間仕切りが、襖や障子の場合が多く、耐力壁が少なく出来ています。

風や地震で横からの力が加わった時に、柱や梁だけでは抵抗する力が弱いため、
耐力壁をバランスよく配置することで、抵抗する力を持ち家を守ります。

耐力壁の設置は、耐震診断などに基づき設置していきます。


3.基礎を補強する。
基礎とは、建物を支える上で大変重要な箇所です。
基礎の見直しをはかり、その建物の基礎に合った耐震補強工事を、
することが大切です。


4.柱・梁・土台の見直し
木造住宅を解体すると、柱が腐っていると言う恐ろしいことが実際にあります。
劣化の激しい木造住宅の柱は、交換もしくは補強をします。

建物の耐震性が落ちないようにするためには、
強度の足りない部分に、梁で強度を確保することもあります。


5.耐震金物での補強
土台と柱、梁と柱の結合部分に耐震補強金物を、
地震による引っ張りに耐える力を加えるために設置します。



以上のような耐震補強工事をすることで、
万が一の場合に備えることができます。


このページのトップヘ