リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:結露

スケルトンリフォームのメリット


通常のリフォームに比べ、多くのメリットがあるスケルトンリフォームですが、
どのようなメリットを生み出すのでしょうか?

気になるスケルトンリフォームのメリットをご紹介して行きましょう!

・住む人の好みや、家族構成により、自由な間取りに変更できます。

・配管の位置変更が可能なため、水廻りも自由に間取り変更ができます。
ただし、ご利用のマンションにより、配管の位置を変えることが出来無い場合もあります。

・スケルトンリフォームなら、結露やカビ対策を打つことができます。

・床下や天井裏の古い配管、配線などの傷み具合を確認し、
新しく取り換えることが出来るので、安全性が向上します。


・骨組みまで戻すため、壁や床などの断熱材を新たに設置できて、
高い断熱効果を得ることができます。

・バリアフリーとしまして、床をすべて剥がして、段差のないフルフラットにする事ができます。


上記の他にも、各ご家庭でメリットが見つかることと思います。
是非、スケルトンリフォームを計画してみてください。

実際、大きな費用を掛けての工事です。
できるだけ、低コストで希望を叶えられることが理想ですね。

予算の範囲内で様々提案などをしてくれる良い業者選びこそが、
スケルトンリフォームを成功させることに繋がりますので、是非信頼できる業者選びから、
初めてみるのはいかがでしょうか?



信頼できるリフォーム業者を選ぶポイントをまとめているページはコチラをご覧ください。


⇒  リフォーム業界3つの非常識



 

複層ガラスとは



最近、お住まいの窓ガラスを複層ガラスに切り替える方が増えてきています。

なぜ従来のガラスより、複層ガラスが注目を集めているのでしょうか?
また、その複層ガラスとはどんなガラスなのでしょうか?

詳しくご紹介したいと思います。


・複層ガラスの構造
複層ガラスとは、スペーサーと呼ばれる金属の部材を用いて、
2枚のガラスの間に中空層を持たせたガラスのことを言います。

簡単に言えば、2枚のガラスで空気をサンドイッチしているガラスのことで、
その空気が断熱材の役目を果たしているのが複層ガラスです。

金属の部材、スペーサーには乾燥材が入っており、
2枚のガラスの間にある空気が湿ることを防いでいます。


・複層ガラスにするメリット
複層ガラスは、室内の暖房によって温められた暖房熱などを外に逃さず、
外からの冷たい冷気が窓を通して伝わるのを防ぐ働きをします。
それによって、暖房効果が上がり、省エネ効果も上がります。

またその反対である夏場には、外部からの日射熱を室内に入りにくくします。
その結果、冷房効果を高めることが出来ます。

寒い冬や梅雨の時期に起こりやすい窓ガラスの結露は、お掃除にも手間が掛かり、
放置しているとカビなどの発生を増やします。

窓廻りのカーテンや壁、窓枠も汚すこともあり、
カビはシックハウスの原因とも言われています。

複層ガラスに換えると、その不快な結露を防ぐことができます。


このように、冬場は温かく夏は涼しく快適空間にしてくれる複層ガラスを、
取入れてみるのことを、考えてみてはいかがでしょか?



内窓増設


最近、多くのお住まいで窓増設リフォームで、内窓を取り付けることに人気が出ています。
その内窓の人気の秘密とはどこにあるのでしょうか?
ここでは、窓増設リフォームの内窓を取り付けるメリットと費用について詳しくご紹介したいと思います。

内窓である二重窓は、各窓サッシメーカーそれぞれに発売されています。
人気のあるものでいうとLIXILトステムの「インプラス」、YKKアルミサッシの「エコ内窓プラマードU」と、
旭硝子が「窓窓」などがあります。

それぞれに特徴が違いますが、内窓を設置したときの効果は比較的同じです。
ではどの様なメリットがあるのでしょうか?



1.断熱・省エネ効果
二重窓にすると、窓から熱が逃げず気密性を高めます。
その為冷暖房費が節約できると言う省エネ効果が有ります。

2.防音対策
二重窓にすると気密性が向上し音を通しにくくなります。
外からのうるさい騒音にも対処できますので、防音になりますね。

3.防犯対策
空き巣などは、窓のガラスを破り入って来ます。
しかし二重窓になった窓では、割ることに時間がかかり、空き巣は敬遠してしまいます。

4.結露の発生
窓ガラスは、外と室内の温度差があるために起こることで、
二重窓にすると、既存の窓との間に空気の層が出来て、断熱効果がアップします。

 

この窓増設リフォームで、内窓を設置するときの工事時間は、
一窓あたり約60分の施工時間で取り付け可能です。

その、窓増設リフォームをするときに、選ぶガラスで遮熱断熱機能が違ってきます。
特にガラスの種類も変わってますね。

より高い遮熱断熱効果を求めておられる場合は、遮熱高断熱型Low-E複層ガラスを選ぶことができて、
快適なお住まいに近づけますね。
 

このページのトップヘ