リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:耐力壁

木造住宅

先日の熊本地震で、お住まいの耐震性のついて考えした方は、
多いのではないでしょうか?


鉄骨に比べて、木造の住宅は、耐震性が弱いのではと、
不安を感じている方も多いはずです。

しかし、的確な耐震補強工事を行えば、木造住宅も優れた耐震性を、
保つことができます。

まずは、耐震診断を行う事が大切ですが、
木造住宅で行う耐震補強工事について詳しくご紹介したいと思います。


・屋根を軽くする
昔ながらの、瓦屋根はメンテナンスも楽で、大変優秀な屋根材です。
 
しかしながら、重いと言うデメリットが有り。
 
耐震性と言われると、葺き替えることをオススメします。
 
瓦を撤去して、金属系のスレート屋根に取り換えることで、
建物への重量が軽くなり、耐震性能が高くなります。


・壁のバランスを良くする
木造の住宅では、耐力壁の配置が、耐震性に大きく影響します。
 
耐力壁とは、地震や風などの力が横から加わった時に抵抗する力をもる壁です。

梁や柱よりも、耐力壁の配置こそが、建物の強度を高くします。
 
耐震診断を行い、バランスよく耐力壁を配置する、耐震補強が重要です。


・基礎補強や傷んだ土台などの架け替え
年数が経った木造住宅の中には、現在の基準で無い基礎の場合があります。
 
部分的に基礎を新たに作っていく、補強工事が必要になる場合も有ります。

また、柱や梁が腐っていると言うこともあり ます。
 
これは早急に、柱の交換もしくは補強工事を行わなければいけません。


・耐震金物での補強
土台と柱や、梁と柱などの接合部分に、
耐震補強金物を設置することで、地震による引っ張りの力に耐えることができます。


大きな地震が起こった後で、慌ててお住まいの耐震性を考えることが多くなりますが、
教訓として、早めに耐震診断を受けて、耐震補強工事を行っておくことが
大切ではないでしょうか?

広い部屋


リフォームで部屋を広げる場合、部屋と部屋の間仕切りを取り払い、
2つの部屋を1つにすることで、部屋を広げる方法と、
庭などの空いたスペースに増築して部屋を広げる方法があります。

どちらも、一番重要なのは、お住まいの耐震性や耐久性です。
耐震性能をしっかり確認のできるリフォーム業者に依頼することが重要です。



また、壁を撤去しての増築の場合、増築部分が10㎡以上になると、
建築確認申請が必要となりますので、注意が必要です。

建物の構造上、撤去できない壁がもありますので、
どこでも、部屋を広げることが出来る訳ではないことを、
心得ておく必要があります。

お住まいの耐力壁と言う建物を支えている壁の撤去や移動は、補強に費用が大きく掛かりますので、
できれば避けることをおススメします。

耐力壁を動かすことで、以前より耐震性が下がることもありますので、
専門家である業者に相談して十分な検討を行う様にしましょう。



また、建物の工法によっては、ハウスメーカなどで建てたものは。
そのメーカで行うことが原則です。

では、部屋を広げるリフォームをする場合の工事費用を、
見てみましょう。

部屋を広げるリフォーム工事の費用は、
例えば、マンションのリビングと隣の和室の壁を撤去して繋げる場合、
相場は、15万~24万です。

また、戸建て住宅のリビングを増築する場合の相場は、
20㎡で200万前後です。

1階部分を増築して部屋を広げる場合は、
土地さえあれば可能ですが、2階部分の場合は、1階部分が土台となるので、
1階部分の補強も必要になり、費用も大きくなります。

工夫次第では部屋を広く見せる方法もあります。
本当に部屋を広げる必要があるのか、再度検討し、
リフォーム工事の計画を立てることをおススメします。



木造住宅耐震補強工事



木造住宅は、鉄骨の住宅に比べて、地震に弱いのではと、
思われている方は多いのではないでしょうか?
しかし、木造住宅も的確な耐震補強工事をすれば、優れた耐震性を持つことが出来ます。


木造住宅にお住まいの方の万が一地震が起こった場合に、
経年劣化しているお住まいは、大丈夫なのかと言う不安を取り除くために
万が一に備えて、耐震補強工事をしておけば良いポイントを5つ説明します。


1.屋根を軽くする。
古くからの木造住宅は、瓦屋根が多いです。
瓦屋根は、耐久年数も長くて優秀な屋根材ですが、重いことが耐震性にはデメリットです。

瓦屋根を金属やスレート屋根に葺き替えをしておくと、建物の重量も軽くなり、
耐震性能が高くなります。


2.耐力壁を新たに設ける。
古くからある木造住宅は、大きな窓がいくつも有ったり、
部屋の間仕切りが、襖や障子の場合が多く、耐力壁が少なく出来ています。

風や地震で横からの力が加わった時に、柱や梁だけでは抵抗する力が弱いため、
耐力壁をバランスよく配置することで、抵抗する力を持ち家を守ります。

耐力壁の設置は、耐震診断などに基づき設置していきます。


3.基礎を補強する。
基礎とは、建物を支える上で大変重要な箇所です。
基礎の見直しをはかり、その建物の基礎に合った耐震補強工事を、
することが大切です。


4.柱・梁・土台の見直し
木造住宅を解体すると、柱が腐っていると言う恐ろしいことが実際にあります。
劣化の激しい木造住宅の柱は、交換もしくは補強をします。

建物の耐震性が落ちないようにするためには、
強度の足りない部分に、梁で強度を確保することもあります。


5.耐震金物での補強
土台と柱、梁と柱の結合部分に耐震補強金物を、
地震による引っ張りに耐える力を加えるために設置します。



以上のような耐震補強工事をすることで、
万が一の場合に備えることができます。


このページのトップヘ