リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:耐震補強

フルリフォーム費用

中古住宅をフルリフォームするときの費用ですが、
戸建て住宅であれば、間取り変更・水廻り設備交換・耐震補強や
外壁の塗装なども、行うと、おおよそ1,000万円ほど掛かると考えましょう。


メインとなる柱や梁のみを残し、間取りを大きく見直す場合、
耐震性や断熱性もこの時点で、同時に補修が可能です。

フルリフォームでは、ただやみくもに新しいものに取り換えるのではなく、
既存のもので利用できるものは、活用することも、
コスト面やエコの観点からも必要な事です。

水廻りの設備の入れ替えも、希望するグレードにより、
費用が大きく変わってきます。

設備がフル装備なもので価格帯が高いものを、
求めがちですが、選び方によっては、大幅に予算オーバーしてしまいます。


メーカーのショールームを見学に行くと、最新設備の機器などを見ることで、
グレードの高い物を求めがちになりますが、
どこまで、水廻り設備に予算を割るかをしっかりと取り決めて、
選ぶことをおススメします。


また、フルリフォームの工事中ですが、仮に住む場所や、
そこへの引っ越しにかかる諸費用なども、計算に
入れておく必要があります。


いずれにせよ、フルリフォームを行う場合は、大きな費用が掛かります。
 
後悔しない為にも、計画の段階からしっかりとした予算を
立てておくことが重要ですね。




フルリフォーム

家を丸ごとフルリフォームするのと、建て替えをするのでは、
どちらが良いのか迷う場合があると思います。

それぞれにメリットとデメリットがありますので、
詳しくご紹介したいと思います。


まず、フルリフォームのメリットは、今まで住んでいた家にずっと住み続けることです。
 
良い部分のみを残し、不便を感じている場所や不満な場所だけを直すと言う方法や、
柱と梁だけを残し、フルリフォームをする場合は、理想に近いお住まいに
することができます。

また、フルリフォームのデメリットは、間取りや階段の場所の変更などが、
構造上できない場合があります。


建て替えのメリットは、安全性では、確実に耐震性などの工事を行う事ができます。
 
また、一から作り直すので、より理想のお住まいに近づけることができます。
 
家族構成が変わるなど、ライフスタイルに合わせたお住まいにすることができます。

建て替えのデメリットは、費用が大きくなることです。
 
引っ越し費用や解体の費用など、工事費以外にも経費が掛かってしまうので、
しっかりと計画を立てて、工事にあたる必要があります。


費用、工事期間など、フルリフォームの方が、少なく済むと言う事が多く、
耐震補強や白アリ被害が無い場合は、フルリフォームを計画することを
オススメします。


また、耐震補強や白アリ被害で多額の費用が掛かる場合や、
フルリフォームの費用が、建て替えの70%以上費用が掛かる場合は、
建て替えをオススメします。



耐震補強工事


地震に備えて木造住宅を耐震補強工事をする場合、まず耐震診断を受けて、
補強の必要あるのか、補強に必要な場所を明らかにすることが大切です。

尚、耐震診断や耐震リフォームをする場合、自治体で費用の一部を助成しているところもあります。
まずは、役所などの問い合わせて確認をしてください。
また一定の条件を満たせば、税金の控除もされます。

所得税や固定資産税の控除ですが、こちらも所得税は税務署、
固定資産税は市町村役場にお問合せ下さい。


1981年以前に建てられた住居は耐震基準が古く、現在より耐震性能が劣る住居もあります。
耐震診断を行い、現状を把握して耐震補強などのリフォームを行う様にしましょう。

耐震診断は、専門の耐震診断を得意とする業者に依頼するのも良いですし、
自治体によっては、専門の診断士を派遣してくれる場合もあります。
まずは相談してみてください。

木造住宅の耐震診断で必要な一般的な費用は、約5~20万で行われます。
住居の設計図面があれば、作業がスムーズに行われます。

一般的な耐震補強工事をご紹介しましょう。

・耐震金物の取付
・壁の補強
・耐震パネルの取付
・屋根の軽量化

などが、あります。
鉄骨に比べて、木造住宅は弱いとお考えの方も多いと思いますが、
的確な耐震補強工事をすることで、木造住宅も優れた耐震性能を持つことが出来ます。

是非、お住まいの耐震についてお考えください。

このページのトップヘ