リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:足場設置費用

外壁コーキング費用


コーキング工事を行う場合、足場の設置、既存コーキングの撤去、
新規コーキングの増し打ち作業が必要です。

では、ここでコーキング増し打ちに掛かる費用をご紹介したいと思います。

・足場設置費用
コーキング工事をする場合、外壁塗装や屋根工事を伴う場合は、
その足場を利用することできます。

しかし、コーキング工事のみを行う場合、足場の費用が個別に掛かってきます。
一般的なお住まいで、足場を掛けるとなると、おおよそ20万円位の費用が掛かります。

作業を請け負う業者によっては、足場無しで、はしごなどで行う場合も有りますが、
安全性と施工性を考えれば、やはり足場設置をお薦めしたいですね。


・既存コーキング撤去費用

既存のコーキングを取り除く作業です。
カッター等を使用して、既存コーキングを綺麗に取り除きます。
この費用は、一般的なお住まいで約3万円です。


・新規コーキング打ち施行費用

一般的にサイディングなどの目地に使用するコーキング材は、変性シリコンと言う種類を使用します。
マスキングテープで養生を行い、他の場所に付かない様注意をしながらの工事です。
この費用が、約10万円で、その他既存コーキングの処分費用やなどが必要となりまう。


気をつけたいことが、業者によって、それぞれ計算方法や単価が違ってきます。
外壁工事など、他の工事と並行する場合は、金額が値引されることあります。
まずは、複数の業者から見積りを取ることをお薦めします。

複数業者に一度で見積もり依頼をするならこういったサイトを利用するのが便利ですね。


↓  ↓  ↓


 

2f3bdb5845be8cc6611e96568edd7534_s


外壁塗装の相場は曖昧なことが多く見積もりを見ても、
どの部分が本当に必要な経費なのか、サッパリわからないと言うことが、
多いのではないでしょうか?

各業者によって、見積もり書の書式が違いますので、
内容の記載の仕方が違うことが多いので、注意をして見てみましょう。

1.足場設置費用
足場とは塗装を安全に行うためには必要なものです。

「足場設置費用」は、1式で書かれていることも多いと思いますが、
平米数×単価で表示されている方が、内容が詳しく書かれていると言う評価ができます。

見積もりの中に、足場費用は無く無料ですと言われた場合、お得だと喜ぶのは早いです。
タダより高い物は無い!の如く、他の費用にしっかりと紛れ込ませてあることの方が多いので注意が必要です。


2.高圧洗浄費用
この高圧洗浄は、塗装工事に大変重要で、何年も雨風晒されていた外壁は、
ゴミや、ホコリ、またカビが生えて汚れています。

この汚れをしっかり「高圧洗浄」で洗い流してから、塗装を行うことが重要なのです。
ゴミなど汚れが付着したまま塗装をするのか、綺麗に洗い流してから塗装をするのかで、
塗装後の仕上がりが違ってきます。平米数×単価で書かれていることを確認しましょう。


3.塗装工事費用
一番正しい塗装平米数の記載の仕方は、建物の平米数から、窓やドアなどの開口部を引いたものが、
塗装平米数になります。その為、足場や高圧洗浄の平米数よりも少なく記載されていなければ正しくありません。

塗装代は、その平米数×塗料代と塗装手間代です。
塗料の種類により単価が変わってきますので、比較のために
何種類かの塗料の見積もりを作成依頼しましょう。


4.その他の費用
外壁の劣化が激しい場合は、塗装前に補修や左官工事が必要な場合がありますので、
その費用や、「付帯工事」として雨戸・戸袋などの塗装費用が書かれている場合があります。
最後に「諸経費」と記載されている場合は、塗装工事の時に出るゴミの処理費用や交通費または駐車代などのことを言います。


複数の業者から見積もりを取った場合、これらを比較検討すると、
平米数の違いなどが明らかになり、どの業者が正確な見積もりを出してきているかが分かりやすいです。
全ての費用を一式と記載されているような業者は、敬遠する方が良いかもしれませんね。


 

このページのトップヘ