床暖房後付け 基礎知識


冬を快適に過ごすためのリフォームとして、人気を集めているのが床暖房です。
新築住宅に、最初から設置されているお住まいが多く、
既存の住宅でも、後付け用の床暖房を設置するご家庭が増えています。

その背景には、各住宅機器メーカーがブームに乗って、
安価な後付け用の床暖房を売り出したと言う理由があります。


なぜ、床暖房に人気が集まっているのかを考えてみると、
何と言っても、安全性にあるのではないでしょうか?

ストーブなどでは、火災や火傷などの心配もありますが、
床暖房は安全で、高齢者や幼い子供が居る場合の暖房器具として、
使用するのには良いと考えられています。

また、床面からお部屋全体の空気を暖かくするので、
温度にムラが無いのも特長です。

ひとつデメリットをあげるとするならば、昔ながらの日本家屋で、
すきま風などが入るようなお住まいでは、少々効き目が低く、
機密性や断熱性が高いお住まいに向いている暖房器具です。


せっかく、床暖房を設置しても、お部屋の断熱性が悪い場合は、
その効き目が半減してしまうので、注意が必要です。

設置前に業者に点検を依頼して、壁や天井などの断熱性を高めることと、
ドアや窓の開口部の機密性にも良くしておく必要があります。

せっかく、床布暖房の後付けするのですから、
充分に効果があるように、設置するようにしましょう。