リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:都市ガス

注意点

近年、オール電化住宅として売り出される一戸建てが増えています。
 
しかし、オール電化での生活で、停電時に不便を感じたと言うご家庭では、
オール電化をやめたいと考え、電気とガス併用に変更することを
検討しています。

オール電化の住宅から、都市ガスを使える様にするのは、
不可能ではないですが、費用が多く掛かることがあります。

都市ガスの本管から自宅にガス管を引き込むだけでも、
20~30万掛かると考えましょう。
 
家の外構をコンクリートで固めている場合は、それを一度壊す作業が必要になりますし、
外壁の一部を壊して、ガス管を入れる工事をしなければなりません。
 
また、その費用は大変高額になります。

工事としては、ガスの引き込みと、給湯器やガスコンロの入れ替えが行われます。

またマンションの場合は、オール電化からガス併用型に変更することは、
不可能と考える方が良いです。

マンション全体が改修工事を行い、オール電化型から、ガス型に変更するのであれば、
膨大な費用が掛かりますが可能です。


しかし、マンションの一部屋のみをオール電化から都市ガス併用型に
切り替えることは、現実的に無理な工事です。


オール電化のままで暮らすのか、ガス併用型に変更するのか、
切り替えの工事費用を見ると迷うところであります。


人それぞれ、考え方や暮らし方が違いますので、 
ご自分の生活を考えた上で、どちらがライフスタイルに合っているのかを、
充分に検討した結果、どちらが良いかを選択するようにしましょう。



耐震補強工事のポイント

オール電化と都市ガスは、どちらがお得なのでしょうか?
 
比較するのには、同じ単位で値段を見る必要があります。
 
それぞれ1kWh(消費電量量)あたりのエネルギーコストを比較してみました。

都市ガスでは、1kWhあたりのエネルギーのコストは、12.10円
オール電化(夜間) 1kWhあたりのエネルギーのコストは、12.16円

以上の様な、結果が発表されています。

 
この結果を見ると、さほど差が無いように感じますが、
オール電化の住宅の場合は、基本料金は電気ひとつなのに対し、
都市ガス利用の場合、ガスと電気のふたつの基本使用料がかかってきます。


また安全性での比較をするならば、ガスを使用する場合、
火を発生させることが必要で、ガス漏れや、不完全燃焼と言うことが起こる場合もあります。
 
そのため、安全性で比較するのであれば、火を使わないオール電化が有利でしょう。


では、使い勝手はどうでしょう?
 
暖房器具などの場合、部屋を暖める即効性は、素早く部屋が温まるガスが、断然有利です。
 
しかし、調理器具となると、オール電化にすると、IHクッキングヒーターを利用して、
調理をするのですが、直接火を起こさないため、大変安全です。

ただし、ガスからオール電化に切り替えた場合、鍋などの材質によっては、
使用できなくなります。その点都市ガスは、鍋の選択の広さがあります。


ここまでを総合的に見て、オール電化の方がメリットが多くあります。
 
しかし、それぞれのご家庭によって、使用形態が違うため、
比較は難しいかもしれませんが、オール電化も都市ガスも、
メリットやデメリットをシッカリと把握して、じっくりと検討されることをおススメします。



オール電化導入


一般的にご家庭で使用するエネルギーと言えば、都市ガス・プロパンガス・灯油の3点です。

光熱費と言えば、ガスや電気、灯油を使用するのに掛かる費用のことですが、
これらを電気に一本化することをオール電化と言います。


では、オール電化にするためには、どのようなシステムが必要なのでしょうか?

・IHクッキングヒーター
ガスコロロでに調理を電気の使用しての調理をするもの

・電気給湯器
ガス給湯器ではなく、電力を使用してお湯を沸かすシステムです。

・エコキュート
ヒートポンプシステムによって大気中の熱を汲み上げ、熱エネルギーとして使用します。

・電気暖房機
灯油やガスではなく、電気で温度をあげる家電製品

・床暖房
床に電熱を引き詰めて温める暖房システム 

これらを組み合わせることで、お住まいにオール電化を導入できます。


では、オール電化にした場合のメリットとはどの様なものでしょうか?

・ガスを全く使用しなくなるので、ガスの基本料金さえも支払うことが無くなる。
・火を使用しないことによる、火事の心配が無くなる。
・深夜電力を使用することにより、お湯を沸かす効率が良くなる。


ガスを使用せずに、オール電化での電気料金は安いものと考えて良いでしょうか?

普通に使用している場合、高いとも安いとも言い難く、
オール電化は、割引プランの利用や、太陽光発電との併用まど、
工夫次第で安くすることが出来ると言うことを覚えておきましょう。

このページのトップヘ