リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:防水層

屋上防水の目地

コンクリートの建物では、真夏・真冬の温度差によって、
大きく膨張や・収縮が発生します。

また地震などが起こると、その振動で建物の各部分を
大きく動かすことがあります。
 
もし、建物がコンクリート一枚であった場合には、これらの力が加わることで、
各所にひび割れを起こすことになります。

その為、コンクリートを一定の大きさに区切り、境界線ごとに
伸縮しやすい素材で繋いだ目地である伸縮目地を作り、この力を吸収し、
ひび割れなどが、起こりにくいように施工します。

特に、屋上防水の伸縮目地は、外気に触れ温度の変化が激しい場所です。
 
 
伸縮目地は、防水層の変形を吸収する役割と同時に、
雨水や紫外線の浸入を防止する役割も担っています。

経年劣化した収縮力の弱った目地を使い続けると、隙間が空き、
その隙間から、雨水や紫外線が浸入することになります。

このような事から、屋上防水工事を行う際には、既存の伸縮目地を撤去し、
新しく設置する必要があります。

屋上防水は、建物にとってとても重要な場所です。
 
雨水から建物を守っている防水機能が低下してしまうと、建物内部に水が浸透してしまいます。
 
建物の劣化を早めることになります。


建物を守るためには、屋上防水のメンテナンスをしっかりすることが重要です。
 
メンテナンスをすることで、費用が掛かると放置していると、
改修工事に掛かる費用は高くなるだけでなく、建物に
与える影響は大変大きいです。


メンテナンスの重要性を心得ておく必要があることが分かって頂けましたでしょうか?
 
専門家による定期的なメンテナンスを、お薦めします。

工事工程

シート防水工事には塩ビシートとゴムシートが用いられる工法があります。
 
1m巾のシート状の防水材を張り合わせて、防水層を作っていく工法です。

丈夫で耐久性に優れていますが、このシート防水は複雑な形状の建物には、
向きません。

塩化ビニール樹脂シートを使用する場合、下地に直接貼り付ける工法で、
この工法のことを、接着工法と言います。

さらに接着工法の中にも、断熱工法と非断熱工法に分かれます。
 
基本的に、塩化ビニール樹脂の上から、何か塗料を塗ることはなく、
防水層はむき出しのままの状態になります。

塩化ビニール樹脂シートと、ゴムシートの見比べ方は、
塗装をしていないのが塩化ビニール樹脂と覚えておきましょう。

またゴムシートでの防水工事は、塩化ビニール系樹脂シートと同様に、
シートを敷き詰めていきます。

その工事工程は、下地処理をしたあと、接着用プライマーを塗布し、
シートを敷き詰めていきます。
 
ローラーなどで転圧して行きます。

シートとシートの接合部は、シーリング材で水が入らないよう
埋めていきます。

塩化ビニール樹脂シートの場合は、これで完成です。
 
ゴムシートの場合は、仕上げ用に塗料を塗布して完成です。

このシート防水の短所として、接合部が多いことから、
その接合部に使用するシーリング材の劣化による雨漏りがあげられます。


工事日数も少なくて済み、低コストでできる工法なので、
お薦めの屋上防水と言えます。


このページのトップヘ