リフォーム、外壁塗装工事をする前に

リフォームや外壁塗装工事をする!というときに、思い通りにいかなくて、失敗することや詐欺に遭ったという話が後を絶ちません。リフォームや外壁塗装で役立つ情報を毎日更新しています。

タグ:高圧洗浄

窯業系サイディングリフォーム

窯業系サイディングをリフォームで塗装をする場合は、
まず、現在塗られている塗料、サイディングのメーカー、この前塗装したのはいつかなどを、
詳しく聞かれる場合があります。

何故、その様な質問をされるのかといいますと、
今回塗装する塗料を決定する為にその確認が必要と言えるからです。

その様な、質問をしてこない業者の場合、現地調査のみで、
外壁の状況をしっかりと把握できているのでしょうか?
少し不安ですね。

塗料の選択を間違えると、塗膜に異常が生じる場合があります。
その為、最適な塗料選びは必須です。

塗装工事に入ってからのポイントをいくつか挙げてみましょう。

窯業系サイディングを塗装する前には、高圧洗浄での十分な洗浄が必要です。
カビ、コケ、ホコリ、劣化した塗膜等を綺麗に洗い流すことで、
最終的な仕上がりが違ってきます。

その次に、適切なシーリング工事とクラックの補修、欠損部の補修を行う事で、
より長持ちする外壁となります。

塗装工事ですが、窯業系サイディングの壁は乾燥が不十分な状態で塗装した場合、
塗膜の膨れや剥離など不具合を起こす場合があります。

是非、しっかりと間違いのない施工を行う業者選びをしてください。


窯業系サイディングの魅力である、綺麗で多彩な模様を生かした塗り替えをしたい場合は、
シリコン樹脂のクリヤー塗装をお薦めします。

窯業系サイディングの塗装需要の割合が増えてきている昨今ですので、
サイディング用のクリヤー塗料を、各メーカーともに増やしています。

綺麗な多彩模様を残して、新築時の様な美観を取り戻すことができますので、
リフォーム計画時に、その塗料を扱っているかなどを、
施工業者に問い合わせてみることも必要です。

塗装時期を見逃さず、美しい多彩模様の窯業系サイディングを生かすリフォームをお考えください。


627e1f0dded60933de61bc72c0a8ce6e_s


外壁塗装工事をする場合、どの様に進めて行けば良いのかを分からず、
迷われている方も、多いと思います。

塗装工事の見積もり依頼から、実際の工事の手順や注意点について、
詳しくご紹介したいと思います。

まず見積もり依頼ですが、ご近所や知り合いのリフォーム会社に依頼するのか、
新聞折り込みチラシを見て依頼するのか、インターネットに詳しい人はリフォーム会社のホームページから、探し出すなど、色々な方法があります。

見積もり依頼をしたら、リフォーム業者は採寸や現在の状況を見たり、写真撮影など現地調査を実施し、その結果で見積もりを作成してもらいます。
この現地調査時に、スタッフの様子などを観察しておくことも、行く行く工事を依頼するときの選考基準のひとつになります。

見積もりの費用や内容を比較して、工事を依頼する業者を決定したら、契約書を交わします。
工事請負契約書や約款はしっかり目を通してから、署名捺印をするべきです。

また、契約する前には、不明点や質問などはきっちりと解決しておくようにしましょう。
不安なまま、工事に入ることの無いようにしておかないと、工事に入ってからでは変更が効かない場合も有ります。

契約をしたら、外壁塗装の色決めを行います。リフォーム会社によってはカラーシミュレーションを作成して、
見せてくれるところもあります。一度塗装をすると、以後10~15年塗替えをしないと考えたら、
好みの色や、飽きの来ない色などを選択すると良いでしょう。

工事着工日が決まったたら、ご近所の挨拶をして廻ります。
工事車両が一日中止まっていて迷惑、塗料が飛んできたなどのトラブルになることもあります。
リフォーム会社で廻ってくれる場合も有りますが。やはり事前に、住まれている方が挨拶に廻っている方が、
気持ち良く工事を進めることが出来るのではないでしょうか?

いよいよ着工になると、足場の設置、高圧洗浄、養生(塗装しないところに塗料が付着することが防げます。)
そして下地処理を行い、下塗り・中塗り・上塗りと進んで行きます。
塗装作業が終了したら、塗り残しが無いか、契約通りに施工されたか最終確認をします。

確認が終わり、足場解体、養生の撤去、周辺の清掃などで、工事は完工です。
そこまで、しっかりと工事をしてくれる業者を選べるかが、工事を成功させる鍵になりますね。

このページのトップヘ