窓ガラス

窓ガラスが割れるときとはどんな時でしょうか?
 
何かものをぶつけた時でしょうか?
 
空き巣に入られたときでしょうか?

どちらにしても、窓ガラスが割れた時には、
一番最初にするべきことは何なのか?

どれくらいの修理費用が掛かるのかをご紹介したいと思います。


窓ガラスが割れたら、まず行うことは、窓ガラスの修理や交換をしてくれる業者の手配です。
 
先にその段取りをしておいてから、壊れたガラスの処理をしましょう。


ガラス屋さんには、2種類のガラス屋さんがあることはご存知でしょうか?

その2種類のガラス屋さんとは、昔からあるガラス屋さんと、
出張ガラス屋さんです。

昔ながらのガラス屋さんは、割れたガラスのサッシを取りに来て、持って帰り、
修理して、夕方、ガラスがはまったサッシを持ってきて取付けをしてくれます。

また、出張ガラス屋さんは、その場でガラス交換を行います。
 
出張ガラス屋さんの車には修理道具や、様々なサイズのガラスを積んでいます。

そのため、その場でピッタリなガラスにカットして交換することが可能なのです。


ガラスには、一般的な透明なガラスや、複層ガラスと言われる断熱性を
向上させるガラスです。
 
その他に、高断熱ガラスと遮熱ガラス、などがあります。


ガラスの交換費用の相場として、透明のガラスで、腰窓の場合、
サイズが900x900mでおおよそ1万円で、ベランダなどの掃き出し窓で、
サイズが900x1800mおおよそ1万9千円です。

ガラスのサイズや厚みなどで相場は変わってきます。

 
是非、行きつけのガラス屋さんなどで、費用の確認をしておくことをおススメします。